投資信託よりFXの方が優れている点

NO IMAGE

FXは、たまに投資信託という商品と比較されています。
投資信託は、資産運用の専門家に任せることになるのです。

ただ肝心の配当が支払われるのは、若干時間がかかります。
臨機応変に取引できる以上、FXの方がおすすめという声も根強いです。

投資信託とはどのような商品か

証券会社や銀行などは、しばしば投資信託という商品を宣伝しています。
資産運用のプロの方々に、取引を代行してもらう商品です。
投資信託は、いわゆる積み立て型の商品になります。

基本的には毎月1回ペースでお金を預ける事になります。上述のプロの方々は、顧客から預かったお金を運用していく訳です。上手く運用できた時は、出資者に対してお金が支払われます。

ただし投資商品ですから、やはりリスクはあります。状況によっては、含み損が発生する可能性もありますから、注意が必要です。

FXは投資信託とどう違うか

ところでFXは、投資信託と異なる点が多々あります。まず投資対象です。
そもそも投資信託の投資対象は、非常に幅広いです。不動産や外貨や株式など、多数の投資対象があります。銘柄によっては、あえて複数にしている事もあります。ですがFXの場合は、「複数」ではありません。ユーロやドルなどの外貨に限定されるのです。

またFXは、臨機応変に売買する事ができます。
誰かプロに資産運用を任せるのではなく、自力で売買する事も可能です。
FXは、取引スピードに関する特徴もあるのです。

そもそも投資信託という商品は、配当が支払われるまでは若干時間がかかります。
基本的には、数年や数十年に渡って資産運用する事になるのです。

しかし、FXの場合は、もっと短期的な売買が可能です。デイトレなどで取引しているFXのトレーダーも多いです。

FXの方が投資信託より有利な理由

以上の点を考慮しますと、FXの方が良いという声も多いです。
そもそも投資信託の場合、銘柄は慎重に選ぶ必要があります。運用成績が悪い銘柄を選んでしまうと、赤字になってしまう可能性があります。

それに対してFXは、銘柄を慎重に選ぶ訳ではありません。自力で取引できるだけに、かえって投資信託よりも稼ぎやすい一面があるのです。そもそもFXも、売買を代行してもらう事はできます。自動売買などの商品もあるからです。

またFXは、決済のスピードが早いです。投資信託のように、数年も待たされてしまう訳ではありません。デイトレでFXの取引をすれば、当日中にお金を受け取る事も可能なのです。早くお金を稼ぎたいなら、基本的にはFXの方がおすすめです。